Please reload

Recent Posts

日本CLIL教育学会(J-CLIL)第15回例会

October 14, 2019

1/10
Please reload

Featured Posts

Toyo Eiwa CLIL ReN 第2回研究会 発表内容・報告

October 27, 2016

10/15に行われました研究会の内容です。

--------------------------------

 

Translanguaging and CLIL

山内ダーリーン(東洋大学)

 

Content drives CLIL. This is an essential concept, and it is one which often differentiates CLIL from approaches like content-based language education or English for Specific Purposes (ESP). The balance between content and language learning may differ according to the CLIL model incorporated, but it is the blend that matters, not the time attributed to each. This presentation discussed the role of translanguaging; the occurrence and usage of the students’ first language in tertiary CLIL classrooms. Benefits as well as the perceived drawbacks were examined. A glimpse into the current research in this field was offered with a lively group discussion with participants contributing their experiences and feelings with regard to L1 usage in their own classrooms concluded this interactive presentation.

 

 

 

 

 

 

 

英語教育におけるニュースサイトの活用法

(Examples of Using News Sites in the EFL Classrooms)

早坂裕介(東京電機大学)

 

本発表では、発表者自身が大学英語教育で実践している、ニュースサイトを活用した導入活動の事例について紹介した。はじめに、他の伝統的な媒体ではなくインターネット上のニュースサイトが特に有効である理由を、動機付けや学習スタイルについての理論、今日の学生を取り巻く状況(「ネット世代」、「マルチメディア世代」に関する研究)などを紹介しながら説明した。後半は、実際にこれまでに使用したいくつかの事例を紹介しながら、発表者が活用しているYahoo.comが優れている点(話題の多彩さ、コメント評価機能など)や、発表者が最も重要と考えているトピックの選択における留意点などについて述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload

Archive

​活動レポート

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32  7号館 笹島茂研究室

secretariat@te-clil.jp

© 2017 by J-CLIL