J-CLILとは

【名称】

日本CLIL 教育学会(英語名称:Japan CLIL Pedagogy Association)(略称:J-CLIL)(任意団体)

【目的】

CLIL(Content and Language Integrated Learning: 科目内容と言語を統合した学習)あるいはCBLT(Content-based Language Teaching:内容を重視した言語指導)等の統合教育に関する研究と実践を推進する。

【趣旨】

本学会は、2015 年4 月より活動してきた東洋英和CLIL 研究会を発展改組して発足する。

 

日本における言語(主に英語)教育の改善、発展に寄与するために、ヨーロッパで急速に普及しつつあるCLIL(Content and Language Integrated Learning: 科目内容と言語を統合した学習)、北米を中心として実践されているCBLT(Content-based Language Teaching:内容を重視した言語指導)などを研究実践すべく、より広く学会として活動を始めることを決めた。

 

研究会としての2年間の活動を経て、東洋英和女学院大学からの支援を受け、また、多くの英語教育関係者、英語を必要とする分野の教育関係者、その他の言語と関連した教育関係者などの後押しを得て、ここに公に「日本CLIL 教育学会(英語名称:Japan CLIL Pedagogy Association)(略称:J-CLIL)として活動することとした。

 

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32  7号館 笹島茂研究室

secretariat@te-clil.jp

© 2017 by J-CLIL