Event Reports

J-CLIL第18回例会

2月1日(土)に行われました例会の報告です。 日時:2020年2月1日(土)午後2時~5時 場所:早稲田大学戸山キャンパス 33号館 333教室 ①子どもが深く考え、創造する力を引き出すCLILの授業(in Japanese) 梶谷真希(関西学院大学 初等部) カナダ留学中に学んだTESOLや教育制度、現地小学校でのCLILの授業実践について発表とワークショップを行った。現地の小学校ではCLILの実践で日本の4コマ漫画について、起承転結の考えのもと第4場面を創造する活動や、力積の理論から、スーパーボールロケットのストローを高くとばすには、どのような工夫が必要なのかを考える活動を行った。今後も学習者のもつ背景知識や考え、物事を創造する力を引き出すために、有用性のあるTESOLのメソッドの活用やCLILの授業を行っていきたい。 >>スライド資料(PDF) ②工学系大学院におけるCLILを活用した「ものづくり」英語教育の実践:エンジニアとの協働による教材作成から指導法開発に向けて(in Japanese) 植村隆(山口大学)、田中真由美(武庫川女子大学)、市村勝己(長岡高専) 共同研究者:青柳成俊(長岡高専)、池田真(上智大学) 本発表では、山口大学大学院創成科学研究科(工学系)博士前期課程学生対象の ①ものづくり系英語教育をテーマとしたCLIL授業実践(企業の調達部門と設計部門による品質問題対応)②エンジニアとの協働による教材開発と開発ダイアログの文法・機能からの言語分析 ③教育効果の検証(事前・事後アンケート、ルーブリック、自由記述、インタビュー)を行った。中でもマレーシアの工

Recent Posts
Archive

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32  7号館 笹島茂研究室

secretariat@te-clil.jp

© 2017 by J-CLIL