top of page

​活動レポート

第42回 J-CLIL例会

▶日時:2024 年6 月15 日(土)午後2 時~5時

▶場所:早稲田大学戸山キャンパス+オンライン


1. Magdalena Custodio Espinar(Universidad Pontificia Comillas)

“CLIL lesson design to promote cognitive development and subject literacy acquisition”

(発表言語:英語)



This workshop aims to delve into the dynamic realm of Content and Language Integrated Learning (CLIL) with a specific focus on designing lessons that foster cognitive development and subject literacy acquisition. CLIL, a pedagogical approach that intertwines language and content learning, holds immense potential in nurturing not only language proficiency but also deep understanding of subject matter. Through this workshop, participants will embark on a journey to explore the intricacies of CLIL lesson design, leveraging its principles to unlock cognitive growth and literacy attainment in learners. The workshop will offer a brief look at CLIL fundamentals, delineating its principles in relation to CLIL lesson design. Participants will then design themself strategies for promoting subject literacy acquisition within CLIL environments, encompassing vocabulary enrichment, comprehension scaffolding, and language function integration tailored to subject domains, hence, promoting subject-specific literacies. Integral to the workshop is the practical application of CLIL principles in lesson design, therefore, through interactive discussions, collaborative tasks, and reflective exercises, participants will emerge equipped with a robust understanding of CLIL's potential in promoting cognitive development and subject literacy acquisition.


発表資料1(マグダレーナ)
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.39MB
発表資料2(マグダレーナ)
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.26MB
発表資料3(マグダレーナ)
.pdf
ダウンロード:PDF • 562KB
発表資料4(マグダレーナ)
.pdf
ダウンロード:PDF • 180KB

2. 樫村真由 Mayu Kashimura(東京工業高等専門学校)

「高専における英文学と工学トピックを用いたCLIL 授業」

(発表言語:日本語)



東京工業高等専門学校において、発表者が実施したCLILの授業2種類について発表いたしました。1つは、発表者の元々の専門である19世紀イギリス文学とその時代のイギリス文化について、ディケンズの「クリスマス・キャロル」(1843年)のリトールド版を用いた授業です。工学を専門とする学生達との授業ということで、ものづくりの要素を取り入れ、当時の大衆娯楽に取り込まれていた幻灯機作成をグループごとにさせ、最後は「クリスマス・キャロル」を子供用スクリプトと作成した幻灯機を用いて英語劇を行ってもらいました。もう1つは、工学を専門とする教員と共に行った「内容」とするCLILの教材開発とその教材を用いた授業実践です。自分の専門知識を活かすイギリス文学を「内容」とする授業の方が精神的負担、労力面での負担は少ないとは思いましたが、グローバルエンジニア育成という観点から考えると、卒業前に工学を「内容」とするCLILを実施できることの意義や工学を専門とする教員との協働での取り組みに意義を感じてもいます。

Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
bottom of page