​活動レポート

J-CLIL第17回例会

12月21日(土)に行われました例会の報告です。

日時:2019年12月21日(土)午後2時~5時 場所:早稲田大学戸山キャンパス 33号館 333教室

①「CLIL and heritage language education for bicultural bilingual children in the UK and Japan」(in English)

Barry Kavanagh (Tohoku University)

Supplementary schools were originally setup primarily in response to newly arrived immigrants (and now international families) who were concerned that their children were losing the active use of the heritage language as they began schooling, creating worries about a weakening of cultural identity. As a methodology the CLIL approach has not been widely applied or examined in terms of its potential in the context of a supplementary school for heritage language education and research in the area is limited. This study examines a supplementary school in the UK that teaches the Japanese language through level and age divided language lessons with a focus on cultural education to mixed-race children born to English and Japanese parents.Through interviews and questionnaire data with the teachers, parents and school pupils (aged 5-14), this talk addresses the teaching methodology and teacher beliefs within the school. The presentation concludes by suggesting that a CLIL approach that focuses on culture can influence and shape a child’s linguistic and cultural identity.

スライド資料(PDF)

②「フィンランドとヨーロッパのCLILレポートー教育制度と関連してー」(in Japanese)

柏木賀津子Kashiwagi Kazuko(大阪教育大学Osaka Kyoiku University)

①フィンランドの教育、②大阪教育大学の8回ののフィンランド海外教育実習における日本のCLIL授業の発信について、また、理科・数学・英語のCLILとして、「ストローと音階」のワークショップをしました。①では、ユバスキュラ大学在外研究やCLIL授業訪問を通した教員インタビューから、教員が自ら運営行為をおもしろいと感じ、教育や社会を変革していくというTeacher Agencyの育成が注目されているフィンランドの教育をまとめました。また、授業ビデオと共に、フィンランドの英語教育の一定の成功は、第2言語習得理論SLAを踏まえた上での、「インプット・プロセス重視」の教育で、高度な教員養成や5週間×5年間の教育実習による授業の質が大きいこと、一方、日本の教育の価値を再認識することも大切で、日本ならではの「CLIL」の授業を創っていきたいことを伝えました。

スライド資料(PDF)

Featured Posts
Recent Posts
Archive

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32  7号館 笹島茂研究室

secretariat@te-clil.jp

© 2017 by J-CLIL