top of page

​活動レポート

第36回J-CLIL例会

日時:2023年6月17日(土)14時~17時

会場:早稲田大学戸山キャンパス32号館128教室+オンライン


①「日本におけるCLILの理論と実践に関する教員アンケートからの一考察」

後藤真里奈(テンプル大学)

日本や他のアジア諸国では、内容言語統合学習(CLIL)の効果的な実践を妨げる独自の課題が存在する。本研究では、CLILの理論と実践に関する28名の教師の認識をアンケート調査することで、これらの課題が依然として残っているかを検証した。その結果、ほとんどの教師がCLILの理論に同意し、その潜在的な利点を認識する一方で、4Cが統合されていないことや、生徒や教師の言語能力が不十分であることなど、実践上の課題に直面していることが明らかになった。また、CLILは言語主導型であり、内容学習よりも言語習得と言語評価に焦点が置かれていることがわかった。本発表では、研究発表後のディスカッションにより、日本におけるCLILの課題についてより深く考える機会としたい。


発表資料(後藤)
.pdf
ダウンロード:PDF • 733KB

➁"CLIL Sports and Leisure Leadership Curriculum Development"

Andy Roomy(東海大学)



On June 17th, 2023, I had the opportunity to share some of my work with my CLIL colleagues at the 36th J-CLIL Research Meeting. In my practical report, I went through some of the material I have created for an EFL CLIL sport and leisure marketing course. Some of the techniques I covered included the use of ‘seek and find’ games to elicit schemata and build vocabulary, the use of simple listening activities to build fluency and provide content, the use of Nike commercials to provide content and modeling, the use of related music videos to provide leisure content and increase student motivation, the use of teacher-centered learning activities (a lecture on Nike marketing) to provide both teacher-centered (TCL) and student-centered learning (SCL) activities, and the use of student presentations to provide task-based activities that allow for student generated content. It should be noted that although this was a research meeting, the marketing course is still a work in progress, and as such, I plan to conduct research on the effectiveness of CLIL (e.g., evaluating the effectiveness of the SCL activities versus the TCL activities) once the materials in the course are closer to my goals for the course and our program.


発表資料(Roomy)
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.17MB

Commenti


Featured Posts
Recent Posts
Archive
bottom of page