​活動レポート

中国支部発足式・研究会

9月10日(土)にハイブリッド形式で行われました、中国支部発足式・研究会の報告です。





















【プログラム】

日時 2022年9月10日(土)13:00~17:20

場所 叡啓大学(広島県広島市中区幟町1-5) 401・402教室

(ハイブリッド形式:対面+オンライン(Zoom) )

 

12:30   受付

13:00〜13:10  開会  上杉裕子

13:10〜14:40  ワークショップ 

BEVI開発者Dr. Craig N. Shealy (Western Washington University)

西谷元(広島大学)

内容:題目(仮):BEVI (The Beliefs, Events, and Values Inventory)とは

BEVIの理論的背景←なぜがこのようなことができるのか

BEVIはなにを測定するのか→コアコンピテンシー・非認知能力 プログラムによる変化データの例

どのようなプログラムが学生に変化をもたらすのか←交絡調整を行ったデータ分析から

*BEVIとは、グローバル人材育成のための客観的成果測定(心理アセスメント )の分析ツールです。BEVIについては以下のリンクをご参照ください。

  (BEVI Japanese | Beliefs, Events, and Values Inventory (thebevi.com)

14:40 〜15:00 休憩

15:00〜15:40 研究発表1

二五義博(山口学芸大学)・阿部聡生(岡山市立大元小学校)

内容:題目「小学校における図画工作CLILの可能性」

15:40~16:20 研究発表2

上杉裕子(叡啓大学)、田北冬子(広島大学)

内容:題目(仮):CLILにBEVIを導入する初のチャレンジとその将来的可能性 ​

16:30〜17:00 小講演

笹島茂(CLIL教員研修研究所)

内容:題目Necessity for CLIL Teacher Development

17:00〜17:10 中国支部の今後の活動について(上杉裕子)

17:10〜17:20 閉会 (中国支部副支部長 二五義博)


JーCLIL中国支部発足式・研究会報告
.pdf
Download PDF • 2.51MB

Featured Posts
Recent Posts
Archive